てらおかクリニック

佐久市の リハビリテーション科,内科 てらおかクリニック

〒384-2104 長野県佐久市甲1062-2
TEL 0267-51-5222
※上記QRコードを読み取っていただきますと、一般の携帯からは携帯サイトが、スマートフォンからは、スマートフォンサイトが閲覧可能です。
トップページ»  ボトックス治療について

ボトックス治療について

ボトックス治療について

ボトックス治療について
 

 脳卒中をはじめとする、中枢神経障害の後遺症の一つに「痙縮(けいしゅく)」があります。これは筋肉を引き延ばすときの抵抗が大きくなる現象で、関節が一定の姿勢で動かなくなってしまうような程度が強いものから、運動速度の低下やぎこちなさといった比較的軽い程度のものまで、さまざまに認められます。

リハビリテーションの世界では、この痙縮に関する研究と対策は、大変重要なテーマです。代表的な治療法として、装具療法・内服治療、痙縮のある筋や腱、あるいは末梢神経に対する手術、神経破壊剤(一時的な破壊ですが)の注射などがありますが、どれも効果に限界があり、副作用も懸念されるため、依然として痙縮は私たちにとっての難敵なのです。

ところが平成22年11月から、グラクソ・スミスクライン社の「ボトックス注」の、痙縮に対する保険適応が認められ、幅広く使うことができるようになりました。実は私が米国で勉強していた1994年の時点で、シカゴでは脳性まひのお子さんの痙縮治療にボトックスが盛んに使われていました。日本での使用は諸般の事情で遅れに遅れ、私にしてみると16年もたってやっと現場で手にすることができました。使用方法は、目標とする筋肉の数か所に筋肉内注射するだけで、15-30分で済みます。私も数人に使用しましたが、効果には幅があり、著効例から欲目で見れば効いたかな・・・という例までさまざまです。ある患者さんでは、10年以上もカチカチだった指が、非常にスムーズに他動できるようになって双方とても喜び驚いたこともありました。この薬は、専門家が使う分には、副作用がきわめて少ないとされており、試す価値のある方は大変多いと思います。また、大切なこととして注射後、リハビリテーションを組み合わせて行うとさらに効果が増すことが強調されています。注射と訓練が同時に提供できる当クリニックでは、積極的に痙縮治療を行ってゆく予定です。